Adobe Reader の右側のアレを非表示にする方法

Adobe Acrobat Reader DC を使っていると、ウィンドウの右側に毎回表示されるアレ。はっきり言ってうっとうしいです。それに、毎回手動で閉じるのは手間ですね。

必要がないなら設定で非表示にしましょう。

バージョンによって微妙に設定項目が変わっているようなので、記録しておこうと思います。

この方法は「バージョン 2015.023.20053」です。

「環境設定」―「文章」 ―「ツールパネルの現在の状態を記録」のチェックを入れる。
%e7%92%b0%e5%a2%83%e8%a8%ad%e5%ae%9a-%e6%9e%a0%e8%bf%bd%e5%8a%a0
これで、一度閉じると設定が引き継がれ、毎回閉じる必要がなくなります。

読み込んだファイル履歴を非表示にする方法

これも、必要ないという人にはまったく余計です。しかも、初期設定で100個も表示される!

なので、不要なら消しちゃいましょう。

「環境設定」―「文章」―「最近使用した文章にリストする数」を0にします。

これできれいさっぱり消えました。

いくつか履歴を表示させたいという場合は、3~5に設定すればいいと思います。